コラム

【ポケモンSV】ラスボス戦のBGMが凄すぎたので、作曲家がガチで分析してみた

皆さんはポケモンSVは買いましたか? 周りが「ミライドンいい! ミライドンいい!」と言っている人ばかりだったので、逆張りしてスカーレットを買ったんですが、最後のポピーとオーリムの話で無事に目からハイドロポンプが出ましたね。

最初にプレイした時はストーリーに感動し、改めてプレイ動画を見てみたらBGMに惹かれ、こうやってユーザーを夢中にできるのはすごいと思ったので、どうやったらこういう曲が作れるのか、今後の参考のためにも分析してみたいと思います。

ラスボス戦のBGMはToby Fox氏の作曲で、他にもいくつかのBGMを提供しているようです。

今回はこの記事を読んでくれた皆さんにも役に立つように、ある程度主観を交えて専門用語は少なめで解説していきたいと思います。また、私はあまりToby氏の曲を知らないので「他にもこの曲に似てるよ」といった情報があればぜひ教えてください。

分析

曲を聴いて気づける順番に書き進めたいと思います。

曲の全景

あとで書きます。

[A] (8+8)

キラキラした音で曲が始まりますが、単に繰り返しをしているだけではなくて余韻が延びたりオクターブ上の音が追加されたりしているあたり、芸が細かいなって思います。

キラキラの後ろではコーラスパートが鳴っています。持続音と半音ずつ下がってくる2つのパートがあります。

下がってくるパートは7~8小節目でソ♮ソ♭が同時に鳴るのですが、あまり聞き慣れない響きになっています。というのも、キラキラの音とコーラスの音からキーがE♭マイナーだと予想できるのですが、ソ♭はそのキーの3番目の音なのに対して、ソ♮はE♭メジャーの3番目の音で共存できるはずがないからです(共存するdur-moll和音というのもありますがたぶん違う)。

上の和音をまとめて書くと次のような形になるのですが、こんな形の和音を普段から目にするという人はほぼいないと思います(レジ系の顔みたいですね)。

意図的に音をぶつけているとしか考えられないのですが、これは「相容れない2つのものを無理やり共存させている」というのを表現するためのような気が勝手にしています。

[B] (8)

ベースがバスドラムと同じ特徴的なリズムでミ♭ファ♭を繰り返すので、ここで確実にキーがE♭マイナーだと断定できます。メロディーは下のパターンの繰り返しです。

これはほぼテラレイドバトルの冒頭に出てくるキラキラのパターンと同じで、[A]で出てきたキラキラもこのパターンを元に装飾しています。8小節にわたって同じことを繰り返すのはポケモンのBGMではよくあることですよね(いい例を見つけたら紹介します)。

[C] (8+8)+(8+8)

ストリングスがメロディーを演奏しますが、最初のシ♭ード♭ーレ♭ード♭の動きはポケモンのBGMではとても頻繁に出てきます。

例えば次の戦闘!マグマ団・アクア団(該当箇所から再生されます)では全く同じ高さで出てきますし、他の曲でも「半音上がって、全音上がって、元の音に戻る形」は頻繁に使われています。

ファイアレッド・リーフグリーンあたりのサントラのライナーノーツで「アジアの音階を意識的に使っている」みたいなことが書かれていた気がするのですが、ポケモンの曲は初代の曲から長調でも短調でもない音階で作られているものが多いです。

例えば下の楽譜はフリジアンスケールを並べたものですが、これを鳴らすだけで独特な響きがすると思います。特に、1,2,3番目の音を往復するだけでもそれっぽくなるのですが、これは上に挙げたシ♭ード♭ーレ♭ード♭の動きと一致します。

このセクションの13~16小節目、楽譜にするとダブルフラットが出てきて難しそうですが、コードで見れば割とイメージしやすい音が並んでいると思います。

この動きは普段なかなか使わない動きなんですがとても既視感(既聴感?)があり、最初聞いた時はなぜそう思うのか不思議でしたが、謎が解けました。テラレイドバトルの時にすでに聞かされており、ループ直前の繰り返しの部分で現れていました。

こうやって少しずつ曲に使う要素を馴染ませておいて、新しく出てきた曲を自然に聞かせる工夫は大変参考になると思っています。

[D] (4)

繋ぎの部分でしょうか、特にまだ何も見つけられています。

[E] (8)

ここではテラレイドバトルのエレキギターが出てくるので、気付いた方は多かったんじゃないかと思います。元々はFメジャーでしたが、ここでは半音下げられてEメジャー(F♭メジャー)になっています。

ベースのド#の上に無理やり乗せられてC#マイナーにも聞こえますが、明らかにメジャーキーのメロディーラインなので、ここでもやはり「相容れない2つのものを無理やり共存させている」感があります。

[F] (8)

ここも[D]と同じように繋ぎの部分になるんだと思いますが、ミ♯やシ♯が聞こえてくるので無理やり明るくされている感じがします。

[G] (8)+(8+8)+(4)

ここで出てくるエレキギターのメロディーも若干変えられていますね。

[H] (8)

ペコペコ言っている電子音は元々のバスドラムのパターンに似ています。スーハースーハーの音は何を表しているのでしょうか。

[I] (8)

キラキラとコーラスが復帰して[B]に戻ります。こういうループの場合は明らかに戻ってきた感があることが多いのですが、若干アレンジが違うので気付いたら戻ってきた感じが強いですね。

まとめ

私も作曲家として活動していますが、この曲のようにゲームに合わせるならその世界観を保ったまま他の曲とは違う雰囲気にしないといけませんし、自分らしさを曲のどこかに見つけてもらえないと曲の依頼が減ってしまうと思うので、大変難しい作曲だったのではないかと思っています。

この曲を分析して分かったことを活かして、より面白い曲を作りたいと思っています。作曲依頼、今後も募集しています!