コラム

モジュラーシンセ「Behringer SYSTEM 15」を揃えたい

上の動画はアナログシンセサイザーのメーカーであるMoogが販売していたSystem55というシンセサイザーです。約50年前の1973年にオリジナルが販売されており、55台限定で2015年に復刻されましたが価格は$35,000(当時で約414万円)だったので購入できませんでした。

このSystem55は、かつて冨田勲さんが創作に使用していたMoog III-P(インタビュー記事)と同じような中身が詰まっています(同じかどうか分からないのでご存じの方教えてください)。冨田勲さんのMoogを使った作品は、インタビュー記事でも紹介されているこの編曲が最も有名でしょう。

今ではパソコン1台でこういう音源を作ることはできますが、アナログの音や当時の熱気には敵いません。パソコンで作ると綺麗すぎる音になってしまうのですが、とは言え、これをもし実機で再現しようとなったら今でも500万以上かかるはずです。

しかし、このSystem55を安価に作り直しているメーカーがあります。

見た目はサイズダウンしているもののほぼ同じ、音も正直オリジナルとの違いを聞き比べることは困難です。3種類の製品がありますが、サムネイルの右側にある大きいものがSystem55を真似た商品です。

こういうシンセサイザーはいっぺんに全てを買うこともできますし、モジュールと呼ばれる小さな部品(縦の銀色の線で区切られている)のみを購入していくこともできます。音を鳴らすための921(下の動画内の左下のやつ)だけで15,000円になるので、System55を作ろうとすると安価とは言え40~50万くらいかかるはずです。

流石にそこまで余裕があるわけではないので、当面は左上のSystem15を揃えることを目標にしようと思っています。モジュールは半分くらいしかありませんが、十分曲作りには生かすことができます。

もし実機では無理だという方はModel 15というMoogが出しているアプリもあるので試してみてください。

今のところ我が家のモジュラーはこんな感じです。まだ7つしかありませんが、少しずつ集めてちゃんと使えるようにしたいですね。

BEHRINGER SYSTEM 15の中身(詳細はこちら)

追記:

この間CM1Aを購入したんですが、これ1つあればmidi端子があるキーボードとかUSBでパソコンからモジュラーシンセを制御できてとても便利でした。